診療科目
  • 一般歯科
  • 小児歯科
  • インプラント
  • 予防歯科
  • 審美歯科
  • ホワイトニング
  • 入れ歯・義歯
  • 歯を美しくする方法
モバイルサイト QRコード

地図を携帯で表示!
など横のバーコードを
携帯電話で読み取るだけで
簡単にアクセス!

24時間簡単予約

bn_microdentist.jpg


スマートフォン・携帯電話用

サクラ歯科 > 一般歯科

一般歯科

一般歯科

最近の調査では、歯を失う原因の約75%は虫歯と歯周病です。 多くの方が知らないと思いますが、虫歯も歯周病も風邪と同じ細菌による感染症で、これらの病気に対する知識と理解があれば予防できるのです。 いつまでも健康な生活となんでも食べることができる食生活のために、虫歯と歯周病のことをもっと知って歯を大切にしましょう。

虫歯治療

虫歯は細菌による感染症!

虫歯とは、風邪と同じように細菌が原因でおこる病気です。


口腔内には様々な細菌がいます。虫歯をひきおこす細菌もそのなかに含まれ、口腔内が不衛生な状況が多いと虫歯の原因となる細菌(虫歯菌)が多く繁殖します。


この虫歯菌が作る酸により歯が溶けてしまうのが虫歯です。


虫歯になってしまったら…

虫歯になってしまった部分を削り、削った部分をきちんと埋めてふさがなければなりません。また、虫歯が歯髄(神経)まで達してしまっている場合は、歯の神経を取り除き虫歯菌のない清潔な状態になるまで処置(根管治療)しなければなりません。


当歯科医院では、虫歯の治療で患者様が苦しまないよう「できる限り痛みのない治療」を心がけています。
麻酔もあまり痛みを感じない電動麻酔注射器を導入しています。さらに、患者様の歯をできるだけ削らないためにカリソルブによる歯を削らない治療法も併用しています。


虫歯の進行

虫歯菌はバイオフィルムという生息しやすい環境(歯垢)を形成します。このバイオフィルムの中で虫歯菌は歯を溶かす酸を放出します。
放出された酸は歯の成分であるリン酸とカルシウムを溶かし、結果として歯が溶けていきます(脱灰)。これが虫歯の始まりです。


しかし、歯は唾液の働きで「再石灰化」され少しずつ改善しています。
お口の中ではこの脱灰(破壊)と再石灰化(再生)が繰り返されているのです。


虫歯の進行は、生活習慣が乱れたり口腔内のケアを怠ることによって、脱灰と再石灰化のバランスが崩れ、脱灰ばかりが進むことによって起こります。

虫歯の進行の流れ
CO
歯の表面が浅く溶け虫歯になる直前。表面が白く濁り透明感が無い状態。
歯は削らず、ブラッシング指導と再石灰化を促し自然治癒を目指します。状況によりフッ素塗付をして虫歯になりにくい歯質を作ります。

C1
表面のエナメル質が溶け始めた状態で虫歯の始まり。エナメル質には神経がなく痛みはありません。
再石灰化促進の治療をします。再石灰化が進み、虫歯の進行を抑えられれば削らずにすみます。

C2
虫歯が進行し象牙質まで達した状態。象牙質はエナメル質より柔らかいため進行が早く、虫歯が歯髄(神経)に近づくにつれ、歯がしみるようになります。
虫歯は神経まで達していません。虫歯におかされた象牙質を除去します。
数回の治療が必要になります。

C3
虫歯が歯髄まで進行し大きな穴が開いている状態。炎症(歯髄炎)が起こるとズキズキと激しい痛みがあります。
虫歯が歯髄まで進行してしまうと、歯髄は死んでしまいます。死んだ歯髄の除去(根管治療)と虫歯におかされた象牙質の除去をきちんとすることで、歯を助けることができます。

C4
虫歯で歯の頭の部分(歯冠部)が溶け歯根だけが残った状態。すでに歯髄は死に激しい痛みは感じません。
また、歯根の先に袋状に膿がたまり出してしまうと、歯を残すことも困難になります。

これ以上歯を失わないために治療をきちんと受けましょう。
一日も早い処置をお勧めします。

痛くない!削らない!無痛虫歯治療「カリソルブ」

痛くない!削らない!無痛虫歯治療「カリソルブ」

痛くない虫歯治療「カリソルブ」をご存知ですか?


カリソルブは次の3つのテーマのもと、歯科治療先進国のスウェーデンで開発された虫歯治療技術です。


痛くない!削らない!無痛虫歯治療「カリソルブ」
虫歯をカリソルブ(薬剤)で溶かし専用器具を用いて取り除くシステムです。 虫歯に侵された部分を科学的に溶かし除去することから、健康な歯質をほとんど傷つけることがありません。
また、歯を削らないことから麻酔の必要がなく、小さいお子様や歯科恐怖症(痛がり・怖がり)、ご高齢の方、麻酔を禁止されている方にお勧めの治療です。

カリソルブはC2(象牙質の虫歯)程度までの虫歯治療に有効です。
また、虫歯が進行している場合はカリソルブ(薬剤)の効果を高めるために歯を削ることがあります。

歯周病

あなたの歯?大丈夫? 歯をなくす原因のNo1は歯周病!


日本人の約40%の方が歯周病が原因で歯を失っています。


また、歯周病の原因菌と心臓病や糖尿病などの生活習慣病、低体重児出産などとの関連性も問題となっています。
このように、歯周病はとても怖い病気です。

歯周病の原因

歯周病の原因は細菌


バイオフィルム  歯周病は歯周組織(歯をささえる周りの組織)に起こる病気で、細菌による感染症です。お口の中には500種類以上もの細菌がいて、その中で歯周病の原因となる細菌は10種類以上にもおよぶと言われています。


 ※歯周病の原因となる細菌を歯周病菌と呼びます。

歯周病の原因


歯周炎のはじまり


歯周病菌はネバネバした物質を分泌しコロニー(集合体)を作ります。コロニーは成長し、バイオフィルム(歯垢)となります。このバイオフィルムは歯周病菌にとっては要塞そのもので、表面には免疫細胞や抗菌物質をはねかえすバリアが張られています。

この中で、歯周病菌は自らの生存のために酵素を放出します。この酵素や細菌の構成する成分により歯肉に炎症がおこります。

これが、歯周病の始まりである歯肉炎です。


歯周炎から歯周病へ


歯周病菌には嫌気性細菌(空気を嫌う性格の細菌)もいます。この嫌気性細菌は歯面にそって歯周組織を破壊しながら歯肉の中に入り込んでいきます。

歯と歯槽骨をつなぐ歯根膜は歯周病菌の進入とバイオフィルムの形成により破壊され、歯周ポケット(歯と歯肉の間の空間)ができてしまいます。

私たちの体はバイオフィルムの進入をそのまま見ているのでしょうか?

もちろん、免疫細胞(白血球など)や抗体が出動し歯周病菌の進入を許すまいと、バイオフィルムを撃退するために酵素を出します。

しかし、バイオフィルムの頑丈なバリアーには効かず、行き場を失った酵素によって歯肉がさらに破壊されてしまい、歯周組織の破壊が進み、歯肉の炎症がさらに進行し歯周ポケットを大きくしてしまいます。

こうなってしまうと、もう本格的な歯周病(歯周炎)です。


歯周病で歯を失うことに

歯周ポケットに潜りこんだバイオフィルムは普通の歯みがきではとれません。

そのままにしておくと、歯周病菌の排泄物や死骸は石灰化して歯石になり、歯周ポケット内の歯面にこびり付きバイオフィルムの拡大を助けます。
こうなると、免疫細胞の出す酵素も効かず歯根膜は破壊され歯肉が後退し、歯を支えている歯槽骨までもが溶け始めてしまいます。

やがて、歯槽骨は歯を支えていることが困難になり歯が抜け落ちてしまいます。

歯周病の進行の流れ

歯周病にならないために

とにかく、お口の中を清潔に保つ意識が大切!
歯周病は歯科医院と患者様の二人三脚による地道な努力がないと、なかなか治すことのできない厄介な病気です。

補綴物(かぶせ物・つめ物

削った歯をキレイに治す方法を紹介。

補綴治療とは?

虫歯などの原因で削った歯を人工的に元の状態に修復する治療を補綴治療と言います。 歯本来の咬み合わせなどの機能回復や、見た目など審美的な修復が目的の治療です。


補綴物の種類

用途に応じ、インレー(つめ物)とクラウン(かぶせ物)の2種類の補綴物があります。
また、材質や目的により保険による治療と自費による治療があります。


― インレー(つめ物) ―

すこし大きな虫歯はその部分を削り、型をとり鋳造して作ったインレーをはめ込んで治療します。
歯本来の機能の回復を目的とした保険による治療と、機能の回復はもちろん、見た目の自然さ、
美しさも追求した自費による治療があります。


保険による治療

パラジウム合金による銀色の金属のインレー
目立つので奥歯の治療以外お勧めできませんが、経済的です。経年変化により金属が錆びて溶け出し、歯や歯ぐきの変色が起きたり、金属アレルギーの原因となることがあります。
残念ながら現在の保険制度では、錆びにくい金属は使えません。


コンポジットレジン(プラスチック)を詰める治療
インレーではなく、コンポジットレジンを削った箇所に詰める治療をおこなっています。保険診療が適用でき金属アレルギーの心配もありません。
ただし、材料がプラスチックなので変色という欠点があります。


自費による治療

見た目のきれいさ(審美的)にもこだわるのであればセラミックス(陶材)がお勧めです。
セラミックスは、色調や透明感を周囲の歯とあわせることができるので、元の歯との違和感がありません。
長期的な変色もなく、歯垢(プラーク)も付きにくく、金属アレルギーの心配もありません。


― クラウン(かぶせ物) ―

大きく削った虫歯は、型をとり鋳造して作ったクラウンをかぶせて治療します。歯本来の機能の回復を目的とした保険による治療と、機能の回復はもちろん、見た目の自然さ、美しさも追求した自費による治療があります。


保険による治療

パラジウム合金による奥歯へのクラウン
パラジウム合金による金属のクラウンは、大きな口を開けなければ目立つこともなく、治療費も経済的です。経年変化による歯や歯ぐきの変色や、金属アレルギーの原因となることがあります。
インレーと同じように保険制度では、錆びにくい金属は使えません。


硬質レジン前装冠による前歯へのクラウン

パラジウム合金のフレームに硬質レジン(プラスチック)を貼り付けたものです。奥歯のクラウンと同じように治療費が経済的です。経年変化による歯や歯ぐきの変色や、金属アレルギーの原因となることがあります。表面のレジンも経年変化による黄ばみなどの着色があります。


自費による治療

見た目もきれいに審美的にもこだわるのであればセラミックス(陶材)がお勧めです。
セラミックスは、色調や透明感を周囲の歯とあわせることができるので、元の歯との違和感がありません。長期的な変色もなく、歯垢(プラーク)も付きにくく、金属アレルギーの心配もありません。